試験の特徴と各級の出題内容

試験の特徴

いつでもどこでも受験可能なWeb検定です。
365日 24h 受験可能です。合格者には、その場で修了証のダウンロードができます。

受検資格制限なし
試験日365日 24h 受検可能
試験方式ネット試験 
試験時間3級 40分  2級 50分 1級 未定
合格基準3級及び2級 70点以上を合格  1級 80点以上を合格
試験会場受検者のご自宅
受検前の誓約書受検前の「不正はしません」という誓約書へのサイン
受験料 (税込)3級 3,000円   2級 4,000 円  1級 未定 円

各級の出題内容

検定試験の内容は、決算書編とビジネス会計編という2項目で大きく構成されます。
決算書編では、決算書を作成することを学ぶのではなく、
すでに作成された決算書の読み方を理解することに重点を置いています。
また、ビジネス会計においては、ビジネスで一般常識となるビジネス数字を取り上げています。

【3級編】一般社員向け

決算書編ビジネス会計編
決算書とは何か売上高を分解する
貸借対照表とは何か売上原価を知る
資産とは何かマージンミックスを知る
貸倒引当金とは何か収支計算とは何か
負債とは何かビジネスの収支計算を知る
純資産とは何か増収増益と減収減益とは何か
損益計算書とは何か利回りと投資リスク
5つの利益とは何か単利と複利について
販売費及び一般管理費とは何か借金の返済方法について
減価償却費とは何か
株主資本等変動計算書とは何か

【2級編】3級合格者向け / 一般職及び管理職向け

経営分析編ビジネス会計編
経営分析とは何か季節指数と売上計画
経営分析の初歩売上年計表とは何か
支払能力を知る収支計算と限界利益
自己資金力を知るABC分析とは何か
収益力を知る人件費とは何か
売れている商品を知る借金について考える
効率性を知る粉飾決算
総合力を知る資本金を考える
黒字倒産と資金繰り

【1級編】管理職および中小企業経営者向け

決算書編ビジネス会計編
連結会計経費予測集計法
税効果会計受注+売上高=売上見込み
キャッシュフロー計算書経営計画書の作成
2事業期間の経営分析経営者のための初級簿記
経営者のための初級原価計算